Passage

fullsizeoutput_307bPassage(パセージ)は、アドラー心理学の理論にもとづいて作られた『育児学習プログラム』です。アドラー心理学を日本に本格的に紹介し普及に努めた、精神科医 野田俊作先生が開発されました。

Passageは8章から成っており、1章を2時間半で学び、1週間で実践をする8回の連続講座です。アドラー心理学会認定家族コンサルタント有資格者がリーダーとしてコースをリードしながら6〜14名までの小グループで学習をしていきます。

第1章 子育ての目標…Passageが子育てにおいて最も大切に考えている目標を学びます。

第2章 賞罰のない子育て…叱る・褒めるという方法の代わりに「勇気づける」ことを学びます。

第3章 課題の分離…親と子どものそれぞれの課題があることを学びます。

第4章 共同の課題…親子それぞれの課題を共同の課題にしていくことを学びます。

第5章 目標の一致…親と子どもの目標を一致させて課題に協力してあたっていくことを学びます。

第6章 体験を通じて学ぶ…子どもが物事を学ぶ様々な方法を学びます。

第7章 新しい家族…親子一対一の関係から、家族で実践することを学びます。

第8章 積極的に援助する…学びの総まとめの章です。これからの学び方についてもご案内します。

どの親も子どものことを大切に思い、愛情をもって関わっているものです。

しかし、その「思い」や「愛情」はちゃんと子どもに伝わっているでしょうか?

子どもにどんな援助をするにしても、まずは良い親子関係から。

Passageは、親子関係を耕して豊かな実りをもたらす子育ての土壌作りを目指しています。

Passageの開催について、お問い合わせやご質問はこちらから

広告