過去と現在、そして未来

DSC_0238

息子の少年野球時代のコーチと保護者の宴会がありました。

卒団してからはや3年。
当時6年生だった子ども達も中学3年生です。

小学校時代は長いです。
息子も入団したときは手が小さくて野球のボールをちゃんと握ることができませんでした。
そんな頃からここのコーチや親達はともに成長を見守ってきた人達です。
あの小さかった子ども達が、声変わりをし、親の背を追い抜き、高校受験を目前に控えるほど大きくなったことには本当に感無量。

少年野球は練習も試合も本当に親掛かりなので、選手の兄弟関係もコーチや親達にとっては同じように気にかかる存在。
グランドの片隅でお兄ちゃんの練習につきあって砂遊びしていた娘も中学生ですものね。
兄弟関係の近況報告でも大変盛り上がりました。

野球を続けている子、他のスポーツに転向した子、やめてしまった子、それぞれですが、ともに過ごしたこの時間があって今の子ども達がいるのだということ、そして、すっかり関係がなくなっても子ども抜きで会って定期的に話が出来るほどの暖かい人達の中で過ごさせて頂いたことを本当に幸せに思いました。

過去は現在に、そして未来に続いている。
今この場所をこの時間を大切に生きること。
出会った人に誠意をもって向かい合うこと。

一つ一つが自分の未来につながっていくことをこういう時に実感します。

広告

早起きは・・・

IMG_1534

実は宵っ張りで朝はぐずぐず寝ていたいタイプです。
自分の起床時間が人に迷惑を及ぼさない時代は、ほんとう〜に起きられませんでした。

いえ、正確に言えばご迷惑をおかけしている方はたくさんおられたはず・・・反省。

娘の中学進学で起床時間が早くなりました。
私自身も仕事に出るので、自分の身支度を考えたら今までより1時間早めに活動しなければです。

緊張の一日目。

起きしなに洗濯機を回して干してから出かけてみようかな・・・と無謀にも思いつき、洗濯をしながらお弁当と朝ご飯を作ってみることに。

なんと、出来ちゃいました(驚)

これは私的にはすごい発見です。
これまでは朝洗濯物を干すことに自信がなく、休みの日にまとめて洗濯していました。
なので、当然量も多くて干すのも、しまうのも時間がかかる。
乾いた洗濯物が散乱していることもままありました。

当然1日や2日の洗濯物なら干すのも時間がかからず、たたむのも億劫にならない。
今日は夜までにすべて定位置にしまえました。

ううん。
これはよい。
出来るじゃないの、自分。

早起きはなんとやら、といいますがそうなりそうな予感。

あとは宵っ張りを徐々にやめていくように心がけていきます。

初登校前夜

DSC_0520

明日の初登校を控え、娘ちゃんは若干緊張気味の様子。
長子と違い、何でもついて行けば良かった末子は電車の乗り換えがちんぶんかんぷんです。

と、いうより覚える気が普段からありません。

さあ、今度は頼りの兄ちゃんは初めからいないぞ。
自分が考えて行動しないと、勝手に周りは動いてくれないよ。

一抹の不安は残りますが乗り換え方をメモにして持たせて送り出します。

失敗もまたよし。
どんどん失敗して、冷や汗の出るような思いをして、たくさんの枝葉を伸ばして欲しいです。

新たなステージを

DSC_0522

「爆弾低気圧」と散々脅かされたこの週末でしたが、強風のおかげか思いのほか雨は早くに上がりました。

卒業式に泣空になってしまったので、この祝うような快晴は嬉しいです。

制服に身を包んだ我が子を見ると、急にもう児童ではなくなってしまったんだなと思います。
大人の目から見るとあっという間な3年間ですが、自分を振り返っても中学時代というのは様々な葛藤があった時間に思います。

受験という試練を越えて自分でたどり着いた道。

思う存分楽しんで自分のステージを作り上げていってもらいたいものです。

新年度

ジタバタジタバタしているうちに、あっという間に新年度が始まってしまいます。

気がつけばうちの娘ちゃん入学式も目前でした。

あわわ。

息子くんは自転車通学なので定期というものを購入したことがないので、うっかり購入を忘れるところでした。

と、いうわけで慌てて本日手続き。

定期券、久しぶりに見たー!
わー、お姉さんだねー、とか話しかけてみましたが当の娘ちゃんには冷めた視線を返されました(泣)

母の方が感動してどーするのだ。

何はともあれ、新たな出発です。

20130405-180113.jpg