ホームベーカリー

IMG_0989.JPG

子どもたちが幼稚園の頃はよく活躍していたホームベーカリー。
大きくなるにつれ食欲に追いつかなくなり、ご飯一辺倒ですっかり使わなくなってしまったのですが夫くんからのリクエストにより久々復活させてみました。

全くの自己流なため手ごねでは全然うまくいかないので、もっぱらクイジナートでこねて成形だけして焼くかホームベーカリーな私です。

昔は素人でも安定して扱えるゴールデンヨットやイーグルといった粉をよく使っていましたが、食を通じて農を応援したいと考えるようになった昨今。北海道産「はるゆたか」を使ってみました。

もっちりしっとりとして噛みごたえがとても好みな食パンが出来上がり、ちょっと嬉しいビックリです。
ホームベーカリーでこれだけ出来たら大満足。
またしばらくブームが続きそうです。

畑仕事

3連休の最終日、畑仕事体験にナチュラルシードネットワーク石井さんの畑まで出かけました。

もともと田舎人な私は電車移動が実はあまり得意ではなく、車を走らせて行くことに。

東京から車で1時間半、成田空港にほど近い場所に石井さんの畑はあります。時折ジェットエンジンの音が響くほかは鳥の声がする本当に静かなところでした。

無農薬無肥料で野菜を育てている畑はえーっ!というところまで簡単に棒が刺さるほど土がホッコリ柔らかいのです。作物の根が土を耕すのだそうです。

短い時間で、お手伝いに行ったんだか邪魔しに行ったんだかわからないような私達でしたが、土と緑に触れて楽しい日になりました。

引っこ抜きたての野菜たち。
大根はもちろん葉っぱも食べるよ♪

IMG_0975.JPG

産まれた時の月暦

IMG_0837.JPG

自分のホロスコープをちゃんと読める人に見てもらいたいなぁと思ってふらっと占いのお兄さんに見てもらいました。

初めて目にした本格的なホロスコープは線だらけで何のことやら?!でしたが、私はいろんなハウスに星が散っていていわばそのまんまな感じでした(笑)

興味深かったのは出生時の月暦。
私の子どもたちはそれぞれ、十五夜、十六夜と見事な満月生まれでした。

おー。

満月生まれの子はなかなかに個性的らしいですが…わはは。

ちなみにパートナーは満ちた月暦と欠けた月暦の人同士だといいらしいです。

ほほぅ、面白い。
ちょっと勉強してみたくなっちゃいました。
月暦、調べるにはこちらが便利です。

初来店

冬日となったお休みの日。
お友達とのヘルシーランチの後、初めてフライングタイガーに行きました。

北欧らしいカラフルな雑貨がいっぱい。
なかなかに面白いものがありました。
製品的にはIKEAの方が作りがいいかな?
でも遊び心いっぱいの雑貨、文具などお安く売っているので使い方によってはセンスアップしそう。

今回はノープランで行ったので子どもたちにジンジャークッキーのお土産。

IMG_0966.JPG

早稲田大学オープンカレッジ中野校・冬講座で「アドラー心理学の理論と実践」を開講します

今回もスタッフとして参加します。
皆様にお会いできることを楽しみにしています!

ちはる塾

早稲田大学オープンカレッジ中野校・冬講座で「アドラー心理学の理論と実践」を開講します。詳細は以下の通りです。

会員の申込開始は10/20、一般の受付開始は11/18からです。申し込みページはこちらです。

アドラー心理学の理論と実践:幸福に生きるための心理学

  • 曜日 木曜日
  • 時間 19:00~20:30
  • 日程 全8回 ・01月08日 ~ 02月26日 
  • 日程詳細 01/08, 01/15, 01/22, 01/29, 02/05, 02/12, 02/19, 02/26
  • 定員 55名
  • 会員価格   一括受講料 ¥18,400(申込開始 10/20)
  • ビジター価格 一括受講料 ¥21,100(申込開始 11/18)

講義概要

アルフレッド・アドラーは、フロイトやユングとともに臨床心理学の基礎を築きました。彼の心理学理論は「アドラー心理学」あるいは「個人心理学」と呼ばれています。アドラー心理学は、どうすれば幸福に生きられるのかがすべての人の課題となっている現代にこそ役に立つ考え方です。この講座では、講義だけでなく、実際に体を動かすワークや実習を交えながら、アドラー心理学の全体像とその理論を理解し、受講生の人生に役立ててもらうことを目指しています。

各回の講義予定

  • 1 01/08 アドラー心理学はあなたに何を提供するのか
  • 2 01/15 あなたはなぜそう「行動」するのか【目的論】
  • 3 01/22 あなたはなぜ「人間関係」で悩むのか【社会統合論】
  • 4 01/29 あなたはなぜそう「認知」するのか【仮想論】
  • 5 02/05 あなたの生きる「意味」はなにか【全体論】
  • 6 02/12 「共同体感覚」とはなにか【個人の主体性】
  • 7 02/19 アドラー心理学の理論の全体像をまとめる
  • 8 02/26 アドラー心理学をあなたの人生に活かそう

ご受講に際して(持物、注意事項)

この講座は、2014年度春に開講された「幸福に生きるための臨床心理学:アドラー心理学の理論と実践」の発展講座となりますが、アドラー心理学をはじめて学ぶ方にも無理のないように進めます。また、一部のワークや実習については前述の講座と同じものを使います。

元の投稿を表示

紅玉

IMG_0960.JPG

自然栽培の紅玉を分けて頂きました。
野性味のある酸味と甘みが口いっぱいに広がります。
皮まで安心して使えるので、きれいな色を活かしてあれやこれや作れるー。

とかなんとか考えているうちにそのまま丸かじりでなくなっちゃうんですけどね^^;

日本教育心理学会

IMG_0939

11月9日に神戸で行われた日本教育心理学会の自主企画シンポジウム「アドラー心理学とクラス会議で子どもの市民性を育てる」をスタッフとしてお手伝いしてきました。

臨床心理学を学びつつ、アドラー心理学に出会ってから5年経とうというところ。
認知行動療法やマインドフルネスも当然素晴らしいものなのだけれど、いわゆる一般の人が普通の生活の中で実践するのはなかなか難しいのかもしれないとも私は感じていて。
一番難しい「自分と向き合う」という作業をシンプルに、より日々の生活に近いところで実践できるところに可能性を感じています。

今回は教育現場でのアドラー心理学を3人の先生方から話題提供していただきました。
日本ではあまり馴染みのないアドラー心理学ですが、教育の場では活かされてきた歴史があります。
嫌われる勇気のベストセラーでこれから実証研究の数も増えてくるのではないかと楽しみ。

社会人大学生を終えて早3年。未だに学びの場に参加できることに感謝です。

蒸し野菜

IMG_0932.JPG

野菜を蒸す時は、なるべく大きなまま蒸す方が美味しい。
最近教えて頂いた。

そして種をつけたまま蒸すとさらに甘みが出て美味しいそう。これは農家さんに教えて頂いた。

ぜひお試しあれ。

元気いっぱい

稲刈り体験にお邪魔させて頂いた農家さんから採れたてピンピンのお野菜が到着。

どの野菜もほっこりと土の香りがする。循環農法という農法で無農薬栽培で頑張っておられるご夫婦のお野菜。
畑で頂いたおにぎりがとても美味しかったので、玄米も頼みました。

早速夕食に人参葉と干しエビのかき揚げと水菜と人参の炒め物を。
あの農作業を経験したあとでは、このお野菜を無下にすることはできません。
大事に美味しく頂きます。

今夜はできるところまで野菜の下ごしらえ。
IMG_0926-1.JPG

IMG_0929-1.JPG