オンラインで学ぶ “おとなの研究”コースをスタートします。

9月1日からから開講します。

ちはる塾

オンラインで学ぶ “ちはる塾おとな学部” がスタートします。
最初に開講するのは “おとなの研究” コースです。

「研究」というと難しく思えたり、
現場には関係ないと思うかもしれませんが
そうではありません。

現場の観察から問題を発見してデータを取り、
それを分析して研究論文を書いて発表することによって、
現場も自分も大きく成長していきます。
その方法を身につけましょう。

学習の進め方は、
インターネットでの学習と個別ファシリテーションを
組み合わせた社会人(おとな)向けのコースです。

この方法は、SPOC(スポック)と呼ばれています。
SPOCは
Small(小さな)
Private(個別の)
Online(オンライン)
Courses(コース)
という意味です。

■こんな方はぜひご参加ください!

□ 自分の職場や仕事に問題を感じている
□ データで問題点を明確にしたい
□ データに基づく提案をしたい
□ 目先だけでなく長期的な改善をしたい
□ 研究の方法をきちんと習得したい
□ 研究発表ができるようになりたい

■学習内容(1年間)

□ 現場の観察から研究テーマを見つける
□ 働いている要因と変数を見つける
□ データを取るための枠組みを考える
□ データを整理してグラフ化する
□ 統計分析によって結果を読み取る
□ 研究論文として仕上げ、発表する

■各シーズンの概要

□第1シーズン 2017年9月1日〜11月30日
テーマを決め、文献研究をする。
□第2シーズン 2017年12月1日〜2018年2月28日
研究計画を立て、データ収集の準備をする。
□第3シーズン 2018年3月1日〜5月31日
データ収集をして、それを整理・分析する。
□第4シーズン 2018年6月1日〜8月31日
研究論文を書き、発表の準備をする。

2017-08-27 9.42.24

■第1シーズン(3ヶ月)の募集

・日程:2017年9月1日(金)〜11月30日(木)
・定員:12名
・受講費:30,000円(税込)
・受講方法:
2週間ごとに導入のビデオレクチャーを視聴して、
簡単な課題をやりながら研究の方法を学んでいきます。
ファシリテータが随時手助けをしますので
安心して進められます。
最後に4ページの研究論文として完成させます。
研究は「おとな研究会」で発表の機会を設けます。
第1シーズンの受講者は優先的に第2シーズンに継続申し込みができます。

2017-08-27 9.42.40

■申し込み・お問い合わせ

お申し込みはメールで
「ちはる塾おとなの研究コースに参加します。」
と書いていただき、
kogo@waseda.jp
までお送りください。

また、質問、お問い合わせについても
同じアドレスにお送りください。

お待ちしております。

元の投稿を表示

広告

怒られたこと、ありますか?

img_0086

大人になってから誰かに怒られたことはありますか?

仕事上で怒られると凹みますよね。
大人になってからだとことさらこたえたり。

ある日。
上司からこんな風に言われました。

「あなた、まだ勤められるのよね?」
「はい。」

「長く勤めてもらいたいから言うんだけど、あなたの場合、やりすぎなところがあるのよね。この間、〇〇だったでしょ。あの時はあんなところまでやらなくていいから。そんなことまでやってなんて言ってないんだよね。他はいいところばかりで満足しているから、そこだけ。それ以上望んでないから。いて欲しいから言うんだからね。」

こうやって文字に起こしてから要約すれば
・長く勤めて欲しい
・概ね満足
・そこだけ直せば良い
と言われているわけで、決して悪い評価をされているのではないのですが・・・。
何とも微妙な気持ちになりました。

この時、私の頭の中は


これは私の大きな欠点なんだな。
他者からはどうにも目立って気になって仕方ないのだろう。
わざわざ後から改めて指摘するなんて、この人は私と働くとムカッとしてばかりなんだな。
何年も勤めたけどもうそろそろ、潮時かな・・・

などと、考えていました。
「はい。」なんて返事をしなければよかったと思いました。
上司の「長く勤めて欲しい」という希望の真逆のことを考えていたわけです。
自分は「他はいいところばかり」で「満足」な存在である、とは全く感じることができなかったのです。

はい、所属から落っこちました(笑)
「私には能力がある」とか「私たちは仲間である」なんてとてもじゃないけれど思えませんでした。
余計なことはするな、と言われているのだと感じました。

本当に上司が私のことをほぼほぼ満足で長く勤めてもらいたくていいところのたくさんある人だ、と思っていてくれたとしたら、なぜ、私はそのように感じることができなかったのか。

それは上司が、上司にとって不適切だと感じた私の振る舞いを「これをなくしたい」と、よくないところに注目して対応したからなのではないでしょうか。
それから、上司にとって不適切だった私の振る舞いの起きた時ではなく、だいぶ後になってから指摘されたことがさらにショックを増しました。

やることなすこと全て悪いことばかりであるなんて人はそうそういるものではありません。
大方の人は適切な行動が数多あって、不適切な行動が少々ある、という比率なはずです。
けれど、その少ない方の不適切な行動を人はわざわざ取り上げてしまう。
大人の私が体験しても、こんなに嫌で心折れることなのに。
子どもに対しては、何のてらいもなくやってしまうよな、と思うのです。
そして、言われた方がとてつもなく勇気をくじかれる訳は「私は正しい人、あなたは間違っている人」という前提の中から発してしまう言葉だからなのだろうと思います。

 

さて。
この上司の言葉ですとーんとマイナスの位置に落っこちてしまった私ですが、あの時、どう上司に答えればよかったのかな、自分にはこれから何ができるだろう?と考えています。
1人では堂々巡りになりそうなので、勉強会の仲間に力を借りた方が良さそうです。

 

中野エクステンションセンター「教える技術」はじまる。

photo

エクステンションセンター中野校での講座アシスタント、本年度は「教える技術」の講座でスタートです。

二つの教室を抜いて使っているのですが後ろまでいっぱい!どちらが前か後ろかわかりません。平日の夜、仕事や家事、勉強をされた後にさらに学びに来られる受講者のみなさん。どの方も真剣で教室の中はものすごい熱量でした。暖房を切っているのに窓を開けて涼しくしてしまいました^^;

教える技術(インストラクショナルデザイン)は私も学生の時に受講したきりなので、受講者の皆さんと一緒に課題に取り組みながら参加しています。
改めて取り組むと、「教える」ということになんと無頓着でここまできてしまったのだろうと思いますね。
木曜日の夜は中野、が定着しつつあるこの頃。
このまま大人の学校ができてしまいそうです。

 

早稲田大学オープンカレッジ中野校・冬講座で「アドラー心理学の理論と実践」を開講します

今回もスタッフとして参加します。
皆様にお会いできることを楽しみにしています!

ちはる塾

早稲田大学オープンカレッジ中野校・冬講座で「アドラー心理学の理論と実践」を開講します。詳細は以下の通りです。

会員の申込開始は10/20、一般の受付開始は11/18からです。申し込みページはこちらです。

アドラー心理学の理論と実践:幸福に生きるための心理学

  • 曜日 木曜日
  • 時間 19:00~20:30
  • 日程 全8回 ・01月08日 ~ 02月26日 
  • 日程詳細 01/08, 01/15, 01/22, 01/29, 02/05, 02/12, 02/19, 02/26
  • 定員 55名
  • 会員価格   一括受講料 ¥18,400(申込開始 10/20)
  • ビジター価格 一括受講料 ¥21,100(申込開始 11/18)

講義概要

アルフレッド・アドラーは、フロイトやユングとともに臨床心理学の基礎を築きました。彼の心理学理論は「アドラー心理学」あるいは「個人心理学」と呼ばれています。アドラー心理学は、どうすれば幸福に生きられるのかがすべての人の課題となっている現代にこそ役に立つ考え方です。この講座では、講義だけでなく、実際に体を動かすワークや実習を交えながら、アドラー心理学の全体像とその理論を理解し、受講生の人生に役立ててもらうことを目指しています。

各回の講義予定

  • 1 01/08 アドラー心理学はあなたに何を提供するのか
  • 2 01/15 あなたはなぜそう「行動」するのか【目的論】
  • 3 01/22 あなたはなぜ「人間関係」で悩むのか【社会統合論】
  • 4 01/29 あなたはなぜそう「認知」するのか【仮想論】
  • 5 02/05 あなたの生きる「意味」はなにか【全体論】
  • 6 02/12 「共同体感覚」とはなにか【個人の主体性】
  • 7 02/19 アドラー心理学の理論の全体像をまとめる
  • 8 02/26 アドラー心理学をあなたの人生に活かそう

ご受講に際して(持物、注意事項)

この講座は、2014年度春に開講された「幸福に生きるための臨床心理学:アドラー心理学の理論と実践」の発展講座となりますが、アドラー心理学をはじめて学ぶ方にも無理のないように進めます。また、一部のワークや実習については前述の講座と同じものを使います。

元の投稿を表示

早稲田大学オープンカレッジ中野校でアドラー心理学の講座を開きます

KogoLab

みなさん、こんにちは。

2014年4月に早稲田大学オープンカレッジ中野校が開校します。そして、向後研究室からは、その中野校で、アドラー心理学の講座を提供します。社会人のみなさんが受講できるように、毎週木曜日の夜19:30からの時間帯に設定しました。4月10日から全10回のコースです。

人生の意味と幸福に生きることを追求したアドラー心理学を中心テーマとして、レクチャーとワークを組み合わせた実践的なコースにする予定です。たくさんの人の受講をお待ちしております。

▼講座名
幸福に生きるための臨床心理学
—アドラー心理学の理論と実践—

▼担当
向後千春(早稲田大学教授)

・毎週木曜日 19:30〜21:00
・全10回(4月10日〜6月19日)
・定員30名
・受講料 会員¥23,000 ビジター¥26,400
・コード 310504

▼目標
1. 臨床心理学とアドラー心理学の全体像を理解する。
2. アドラー心理学の理論と日常場面での実践の詳細を知る。
3. アドラー心理学を自分の生き方にどのように生かしていくかを提起する。

▼講義概要
アルフレッド・アドラーは、フロイトやユングとともに臨床心理学の基礎を築きました。彼の心理学理論は「アドラー心理学」あるいは「個人心理学」と呼ばれています。アドラー心理学は日本ではあまり紹介されてこなかったためその知名度は低いのですが、どうすれば幸福に生きられるのかが世界の課題となっている現代にこそ役に立つ考え方です。この講座では、講義だけでなく、実際に体を動かすワークや実習を交えながら、アドラー心理学の全体像とその理論を理解し、受講生の人生に役立ててもらうことを目指しています。

▼各回講義予定
第1回 現代社会におけるアドラー心理学の意義
第2回 劣等感と不完全である勇気
第3回 世界はあなたがそう見るように見える
第4回 ほとんどの悩みは人間関係の悩みである
第5回 あなたは無意識に目的のために行動している
第6回 自己欺瞞もまたあなた自身が選んでいる
第7回 ライフスタイル分析によって性格は変えられる
第8回 横の関係で作る相互尊敬と相互信頼
第9回 何のために生きるのかの鍵としての共同体感覚
第10回 アドラー心理学をあなたの人生に活かす

講座の申し込み(申込受け付けは3月11日からです)
https://www.wuext.waseda.jp/course/detail/3584/ 

2014-02-06 22.37.26

元の投稿を表示