仲間とナチュラルコスメとエプロン

先週終了した吉祥寺でのパセージ・プラスの特別フォロー会だった。
コース中、雪による交通機関の混乱を懸念し、1回分を時短で開催したことがあるので、その分のおまけフォロー会である。

今回のプラスは、私も受講者として参加していたため、すっかりメンバーの気分で席に座っていたら、「誰がリードするの」とおふたりのリーダーさんに突っ込まれ、「今回受講者でしたし!」と言ったら「これからフォローやっていくのだから、ね。」と、考えてみたら当然のことを指摘されて、急にワタワタ。
緩みきった脳みそはそんなに急にはキリッとしないもので、自分が進行をするモードになるまで相当の時間を使ってしまった。

何度進行役になっても、全然慣れません。

ひとつメンバーさんの事例をみんなで検討して、そのあとはコース中に途中までやったワークの残りをやり、なぜか爆笑のうちにフォロー会は終了した。

 

時間の許すメンバーと一緒にランチに繰り出す。
吉祥寺で一緒に学んでいるメンバーさんたちには本当に恵まれていて、いつも私以上にくすのきの会の運営を真剣に考えてくださる。
今日のランチ中も、どうしたら一緒に学ぶ仲間を増やせるか、どこにチラシを置くことができるか、どんなところに協力をしてもらえそうか、山のようなアイデアを出してもらった。
みなさまなしでは、私本当にやってゆけません・・・感謝です。

それだけ、パセージを学んでの子育てがとてもうまくいっているからなんだろうな、と思う。
1度きりではなくて、2度3度、もしくは子どもの成長の節目に再受講すると、これが腑に落ちる度合いがその時によって全く違うのだから面白い。
かんだらかんだだけ味が出る、スルメのようなプログラムである。

気軽に参加できるようなミニ講座と、講師を招いての講座を定期的に開催しようよ、ということになったので、また素敵な仲間とお会いできたら嬉しい。

帰り道、コスメキッチンに寄って、チークとアイシャドウを見る。
最近粉のものを付けると乾燥やくすみを感じることが多くて、肌を塞いで呼吸困難になっているような、そんなシンドさがあった。
いろいろ調べて試してみて、これは成分に関係があるのではないかと思い至り、少しずつ肌に負担が少ないであろう化粧品に切り替えてきた。

ここのところ、ファンデーションはETVOSのディアミネラルファンデーションが非常に調子が良いので、チークはETOVSのミネラルクリアリップ&チークで、ライン買いすることに。アイシャドウはMiMCにしてみた。このブランドは初挑戦。

帰宅してから、これまで使っていた色ものコスメをバッサリと処分する。
コスメボックスがスカスカになった。
おまけやパッケージに惹かれて、いかによく考えず無駄に買い物をしていたのか改めてわかった。私のメイクはたったこれだけしか使ってなかったんだね。

そうだ。
駅に向かうコンコースで期間限定のお店が出ていて、つい一目惚れしてエプロンを買ってしまった。せっかく無駄な買い物をやめようと思ったのに。
でも、エプロンは毎日使うからよしとしよう。

IMG_4938
こいつの顔にヤラレタ

 

広告

言葉を磨く

元々本を読むことは好きで、ジャンル問わず読む方である。

近年は学術書絡みのものや、ノンフィクションものを読むことがほとんどだったけれど、本当は小説を読むのが好きだ。けれども事実上私の小説読書経験は、小学生の頃の1週間10冊とかいうわけのわからないペースで読んだ頃で止まっていて、本当は1番必要な時期、中学から25歳くらいまで、読書がすっぽりと抜け落ちている。(もちろん、全くではなく、年間数冊は何か読んでいたけれど)

これは本当に痛いことだったんだな、と大人になった今心の底から思う。

自分の考えていることや、伝えたいことを言語化する力は、きっとこの時期に読むことで養われるのだろう。

また、私の場合、アウトプットすること=書くことや話すことが極端に少ない。大変偏りのあるインプット派なのだ。

書いたり話したりする機会に接するようになって、あまりの言語能力の乏しさに愕然として、やっぱり読むばかりでなくアウトプットしなくちゃいけないのね、と今年はそれを心がけることに。

そんなタイミングで、思いもかけず読書仲間ができた!

お互いに課題図書を読みあって、その本について語る会、本日記念すべき第1回目。美味しいお酒と料理を食べながら、テーブルにどっさり本を広げてケンケンガクガクと語り合う女子2人。

いったい何者に見えたでしょう(笑)

同じ本について話すと、気になるところや解釈が異なっているところもあって面白い!

これは病みつきの楽しさ。

お互いの趣向が似通っていてもぴったり同じではないところが、また新たな作品と出会えてとても有意義なのだ。

次回の課題図書も決まったので、もりもり読むことにしよう。

読んだ本とこれから読む本たち。

COTOMONO MARCHE

仕事帰りに夕飯の材料を買って帰ろうと思って、渋谷の東急に寄る。

食材を買い込んで、えっちらおっちらと地上階に出るエスカレーターを上った目の前で、なんだか可愛らしいブースが数点並んだエリアがあった。ふらりとのぞいてみると、ハンドメイドアクセサリーのマルシェ出店だった。どのブースにもその作品の作家さんがいらして、ちょこちょこ作品を作りながら接客をしている。

そのうちのひとつのブースにくぎ付け。

なんて可愛いんでしょう〜〜
そしてなんて可愛いお値段なんでしょう〜〜♡

じーっと見ていたら、これまた可愛い作家のお姉さんがどんな風に作っているか、素材は何か、丁寧に説明してくれた。

私は基本的にアクセサリーにあまり興味のある方ではないと思っている。
これはひとえに、めんどうくさがり、というところが大きい。
気に入ったものをつけっぱなしにするか、全くつけないか、極端だったりするのだけど、ピアスだけは欲しくなってしまうアイテムなのだ。

そんな私だから、ピアスも引っ掛けるタイプが好き。
そうしたら作家のお姉さんも「実は私もそうなんです〜」
お姉さんの作ったピアスを見てみると、なるほど、引っ掛けた後ろになる部分が抜けにくいようにかなりたっぷりと長めにとってある。
散々、ピアスの話で二人で盛り上がってしまった。

というわけで、こちらの子達をお持ち帰りしました。

うふふ。

お直しも、オーダーも受け付けてくれるそうです。
LCPS~luccaplus~

大人女子の新年会

今日は異色な組み合わせの新年会。

大人になってから知り合って、腹を割って話し合える間柄になれるってなんて幸せなことなんだろう。

この年齢になるとどうしても、新たな分野の方々との出会いは少なくなりがち。本当に貴重な仲間との語り合いの時間。

大人女子会には美味しい食事と語り合える空間は欠かせないアイテム。中野のディープなお店で家庭的なイタリアンを堪能した。

ドンナハナシヲシタカハヒミツー

思えば遠くにきたもんだ

息子くんの幼稚園時代のママ友と、これまた幼稚園時代のママ友の声楽ミニコンサートに行ってきた。

1人は、それこそ「醤油がないー貸してー」とエプロン姿で駆けこめるほどご近所さんなので、行きがけにピンポンして連れ立ってもう1人のママ友との待ち合わせ場所に向かった。

3人であれやこれや話をしながらプレゼントの花束を見繕い、あれやこれや話をしながら会場まで向かう。

その間、一瞬たりとも話が止むことがない。息子くんのママ友の中では、私は最年少だ。私も決して大人しくはないのだけれど、この私が口を挟む隙がない。もっぱら聞き役だ。

けれども、絶妙なタイミングで話題を振られるので、油断できない。ちゃんと私の出番も確保してくれるのデス。お姉さま方には敵いません。

思えば、このママ友たちとはもう15年仲良くしていて、節目ごとに何かと集まってきた。それこそ下の娘ちゃんがオシメをしている頃からのおつきあいで、子育て時代を共に過ごしてきた戦友のような不思議な仲間感がある。お互いの子どもは、それぞれ自分の子どものようなものだ。

知らない土地での子育てに、ガチゴチに気負っていた私を、陰日向になりさりげなく支えてくれた。アドラーのアの字も知らずに、非民主的な子育てを実践しまくっていた私が、曲がりなりにもここまで子育てできたのは、ひとえに彼女達の存在のおかげだと心から思う。

だから、多分、視野が広がって大学に行って勉強する気にもなれたし、今こうやって微力ながらも子育て中のママ達のお手伝いがしたいと活動する行動にも繋がったのだと思う。

出会った頃、まだうら若き20代だった私も、すっかり立派なオバちゃんになりました。今度は私が誰かの陰日向になれるようにならなきゃなー、とお姉さま方とワインボトルを2本も空けながら思ったのだった。

声楽コンサートの方は、これまた4人目であるママ友が玄人はだしにお上手で、優雅な休日の午後を過ごすことができた。彼女もいつも私の肩の力を上手に抜いてくれる素敵なお姉さま。

子育てに奮闘して、あっという間の15年。本当に素敵な友人に恵まれている。

モツベキモノハトモー